姉は居住しているアパートから実家である

姉は居住しているアパートから実家である我が家に舞い戻ってくることになりました。
移動するため、私と母が、引越の前日に引越のための作業の手伝いに行きました。
10年も住んでいた部屋だからこそ、不用な物のがびっくりするような事になっていました。いらないものを売ってしまうと、軽トラの荷台半分くらいに量が減り、さほど苦労せず引越ができました。引越しの前日にする項目で忘れるとまずいのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。
水抜きに自信のない人は冷蔵庫のコンセントは最低限抜いておくことです。
当たり前ですが、中を空にしてください。
それをやらないと、当日冷蔵庫の運搬に問題が生じる可能性もあります。
引っ越しに際して、ガスコンロを気にかける必要があります。
それは、他の物と別で、ガスの元栓をストップしておかなくてはできないからです。
それに加え、ホースや器具に若干のガスが残留していますので、タバコを吸わないのは当たり前の事、部屋の換気をしっかりと行い、換気しておくことが好ましいです。
引越しをする際、土日祝日は費用が高くなります。仕事の休みは土日祝日という人が圧倒的に多いので、引越し希望者が殺到するからです。
電気料金を例にしても、使用の集中する日中の方が高く、そうではなくなる深夜は安く設定されていますよね。できるかぎり平日を選べば、安い引越し代金で済むでしょう。
私が住み替えたアパートはペットが住めないアパートです。
しかし、近頃、隣からネコちゃんの鳴き声が感じられるように思いました。大家さんもそれを感じており、頻繁に忠告をしたようですが、「育ててない」と言うばかりで困ってます。引越しに際して、電話の引越し手続きも必要になってきます。
ただし、固定電話じゃなく、携帯電話に関して言えば、携帯ショップで住所変更するか、ネットで手続きするだけであり、すぐに終わらせることができます。近頃の人は、固定電話はいらないというパターンが大半を占めています。引っ越しを決める前に相場を知るという事は、かなり重要なことです。
だいたい予想がつく値段をあらかじめ知っておけば、吹っ掛けられてもだいじょうぶです。
ただ、年度末の慌ただしい時期に関しては、値段が高騰することが予想されますので、余裕をもった予約をお勧めします。
引越しのその日にすることは2点です。
まずは、出ていく部屋では荷物を搬送したのちに管理会社の立会いのもとで部屋の状況をチェックすることです。
ここで大きな汚れや傷を調査しますが、このチェックが敷金の相殺や別途クリ—ニング費用の徴収に影響します。
新居ではガスの元栓を開けることが不可欠です。
これは業者の立ち合いが必ず必要です。
引越で明け渡す方の部屋を出て行く際に起こりうるトラブルとして、お金のことがあります。部屋を明け渡す際にどのような費用がかかるのか、弁償にいたる場合とはどのような場合かなど部屋を借りるより前に情報をきちんと自分の目で確認しましょう。また、納得がいかないのに請求をされたときは、支払わなければいけないものではない費用が含まれている場合もあるので、大切なことは、正しい知識を身につけておくことです。引っ越しをどこかに頼む場合、布団は一体どうしたらいいの?と考えるかもしれませんが、この場合、事前に確認することが大切です。ほとんどの場合、引越し屋は移転当日、オリジナルの布団袋を持ってきてくれ、これに入れて汚れがつかないように持って行ってくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です