引っ越し業者を使わずに、自分だ

引っ越し業者を使わずに、自分だけで引っ越し作業をしたい場合は一番のコツは、荷物を減らすことだと言われています。
なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って梱包作業をする、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎ壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。
万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。
引越しの準備でもっとも大変なのはダンボールに家中の物を詰めていく作業だと感じます。
日々の生活の中ではそうそうきがつかないものですが、荷物の箱詰めを始めるとこんなに家の中に物があったのかとビックリします。
しかし、引越し準備と一緒に片付けも出来る絶好のチャンスです。
引っ越し業者に払う料金は、割引になることも少なくないのです。私の引っ越しにかかった料金もそうでした。
1人暮らしで荷物が少ないということで、小さなトラックを使った作業となり、それに応じて大きく値引きがされました。しかも、荷物をまとめる作業も大部分を、自分でやったため、思っていたよりもずっと安い金額ですみました。
引越し先で挨拶まわりに行くのなら、引っ越したらすぐに挨拶した方がいいと思います。荷物を運び入れるときの騒音などで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、丁寧に挨拶をしておきましょう。
引越しを始める前に、一言挨拶をしておくとトラブルを防げるかもしれません。
どんな状況であっても、できるだけ早いうちに挨拶に行った方が、近所付き合いが楽になります。引越しばかりに限らず、仕事をこなすことができる人は、段取りが巧みだと言われます。引越しをしようとする場合、どのような順番に積むかどれをどこに収納するか等、意外にも頭を使う作業です。
なので、業者のスピーディーな作業に感心した経験のある人も多いのではないかと思います。
家を移るということは非常に大変ですが、家に犬がいる方の場合は更に大変であると思います。
なぜならば、引越しする日、犬が引越しの妨げにならないように気を付けておく事が、必要です。
また、犬を新しく移った家に連れて、引越しトラックが到着するまで間に合っていなければなりません。
まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で住んでいた時期がありました。ペット不可のアパートが圧倒的に多く一緒に住む友達は猫を連れていたので猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。
何軒かの不動産屋にあたって、ペット可の物件を探し当てました。
すぐに入居でき、私も、友達も、猫も満足できました。引越しを実際に行うとなると、大量の荷物を入れた段ボールを邪魔にならないように移動させたり、業者さんと共に家具を運搬したりと大忙しです。
少しの間頑張っていると、手のひらがじきに真っ赤になってしまいます。業者さんの手をふと見ると、しっかりと軍手がはめてあります。
業者さんに頼むにしても、自分専用の軍手が必要です。
慣習としての「引越しソバ」とは新居に引越しをした時にご近所への初めましての挨拶として持っていくものです。
私も一度だけですがもらったことが昔、あります。
細く長いソバのようなご縁をこれからもどうぞよろしくお願い致します。
というような気持ちが込められているそうです。
大変な大掃除、それは引越しの時です。家財道具を丸ごと運び出してから、もちろん、綺麗にそうじをしますが、前もって、少しずつ始めていくのが結局、自分が楽になります。コツは荷造りの前に、掃除からスタートすることだと思います。
その結果、最終的にはさっと軽くきれいにするだけになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です