引っ越し経験は割と多い方だと思います

引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。
「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、陶器が何個か、欠けてしまっていました。
実は自分の作品だったので、かなりショックを受けました。
とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、クレームをつけることはしなかったです。
これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。引越しは、自ら行う場合と業者に、頼む場合があります。独り身だと、それほど荷物が多くないため、自分でしてしまうことができます。
業者にお願いしたときにおどろいたことは、荷物を積み込むのに必要な時間がとても短いということでした。下準備だけでなく、二人で仕事するとまるっきり違うなと思いました。
現在住の家へ引越しをした時は、ぴったり春の繁盛期でした。とにかく引っ越し業者が大変で、なかなかこちらと予定があわずものすごく苦労しました。結局のところ、午前中で残らずすべてのことを終わらせるという忙しい予定になってしまいましたが、それでもなんとか引っ越し業務はすべて終了しました。引越しする日にやることは2点です。ひとつめは、出ていく部屋では荷物を運び出してから管理会社の立会いのもとで部屋の状況を見定めることです。ここで大きな汚れや傷を見定めますが、この確認が敷金の補填や別途クリーニング費用の請求に影響します。
新居ではガスの元栓を開けることが必要です。
これは業者の立ち合いが絶対にいるのです。
冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切ってそのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てれば準備は完璧です。
ですから、庫内のものは引っ越し前日までになくなるようにして、購入するのも計画的にして、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。
家を移転する際、貨物自動車を停めたり、荷物を廊下に置いたりするため、前もって隣の方に挨拶に行くのが一般的です。
車の出し入れや通行に差し障るので、あらかじめ了解を得ておくと引越しが終わった後に問題が発生することも防げます。
引越し業者に依頼した場合は、そのような事も代わりに行ってくれます。
引っ越しそのものについてはワクワクするしけっこう好きなんですが、国民健康保険などの住所変更などの市役所へ赴いて手続きを色々と毎回する必要があるところが、面倒くささを感じてしまいます。
こういういろいろな手続きだって、ネット上で時間の空いたときにさらっと自宅で済ますことができるようになれば凄く助かるのに、と思います。
自家用車も一緒に引っ越しする場合、車も住所変更の届を出さなくてはなりません。そこでナンバープレートも変わるのかどうか気がかりだと思います。
引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。引っ越す前も後も、同じ陸運局の管轄であればナンバープレートはそのままで良いのですが、管轄が異なる地域であれば、指示に従ってナンバープレートを変えてください。引越し業者を利用すると、土日祝日はコストが高くなります。仕事の休みは土日祝日という人がたくさんいるので、引越し希望者が殺到するからです。
電気料金だって、使用者の多い日中のほうが高く、使用者の少ない深夜は安くなりますよね。極力人とちがう日にすると、引越し料金が安く抑えられるでしょう。
マンションやアパートですと、今では隣に住む人の顔さえ知らなくても生活が成り立つことがおかしいと思わなくなっています。
とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係は必要だと言えます。
お隣さんといい関係を作るために、取りかかりとしては引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に顔見せの挨拶をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です